重要なお知らせ

トピックス情報

映画「走れ!走れ走れメロス」

メロスはなぜ走るのか—— 三刀屋高校掛合分校は、山間にある島根県で最も生徒数の少ない高校。演劇同好会の四人は2022年3月、顧問の亀尾佳宏が挑んだ若手演出家コンクールに出場するため、「演劇の街」東京・下北沢にいた。 直線距離でおよそ600キロメートル。演劇を始めたばかりの彼らがメロスを演じ、駆け抜け、そして幕が下りるまでを追った。   公演日時:2022年6月5日 ①10:30~ ②14:00~ 【各回30分前開場】※上映時間=50分(予定) アフタートークあり 入場料:無料(要整理券)※全席自由 整理券配布・お問い合わせ:チェリヴァホール(0854-42-1155)… [more]

映画「走れ!走れ走れメロス」 映画「走れ!走れ走れメロス」

元気いっぱい!木次線祭りのご案内

木次線にまつわる思い出やエピソードを題材にした雲南市創作市民演劇2022「鉄人56号」の上演にあわせて、「元気いっぱい木次線祭り」を開催します。 多数の木次線グッツや「鉄人56号」グッツの販売に加え、喫茶コーナーでは木次スペシャルブレンドコーヒー、木次線応援弁当などを販売しています。 2日目はJRの子ども制服試着体験コーナーなどが並びます。 また、木次線を利用してご来場された方に先着150名様に木次線グッツならびに「しまねっこ」観覧エリア入場券をプレゼントいたします。 情報はこちらからご覧ください。 皆さま是非木次線を利用してご来場ください。 日時:4月29日… [more]

元気いっぱい!木次線祭りのご案内 元気いっぱい!木次線祭りのご案内

雲南市創作市民演劇2022 「鉄人56号」

脚本・演出 亀尾佳宏 線路がつないだ 街と人との物語 ー 駅 そこは別れと出会いの場所。そこで何かが終わり、始まって行く。 線路 そこは行き来する道。誰かをどこかへ運び誰かをどこかから連れてくる。 もしその道がなかったならば、出会わなかった人と人がいる。その道があったから、出会った人と人がいる。 この81.9キロメートルの線路が街と街とをつなぎ、人と人とを出会わせた。 =========================== 宍道駅から備後落合駅を繋ぐ81.9KmのJR木次線が今年のテーマ。公募で寄せられた木次線にまつわる思い出やエピソードをもとに、新作を上演します。 ご期待ください!   日時  ①令和4年4月29日(金・祝)… [more]

雲南市創作市民演劇2022 「鉄人56号」 雲南市創作市民演劇2022 「鉄人56号」

催し物案内

現在予定されている公演はありません

新着情報

  • 予約状況・利用申込
  • メール会員募集